1.給与計算のアウトソーシング

給与計算は締切日から支給日までの短期間に計算結果を確定し、諸帳票を作成しなければなりません。特に銀行振り込みを採用されている場合には、少なくとも支給日の3日前までに銀行にデータを提出しなければなりませんので忙しい作業となります。しかも、ある程度の専門知識が必要になりますので、任せられる担当者が限定されます。人員が豊富な中堅企業であれば人繰りがつきますが、中小の会社では困難になります。

そこで、最近では給与計算をアウトソーシングされる会社が増えています。

▲このページのトップに戻る